スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘレス 2008年  マリア・デル・マル・モレノ  ラ・マカニータ



さて、ヘレスのブレリアでバイレ入りのものを続けてみます。今度はマリア・デル・マル・モレノで、歌はマカニータ。いかにも、ってふんいきの画像です。短いものですから、何度もみてしまいました。

しかし、歌い手より踊り手のほうがはるかに厚みがありますね笑 

オペラの舞台では、ほっそりしていれば途中で踊るバレリーナ、恰幅があれば歌手、と見分けることができるそうですが、この舞台にかぎってはまったくの逆だったわけです。はっは。

とはいえ、マリア・デル・マル・モレノのような踊り手なんてみてしまうと、フラメンコは幅と厚みがなくっちゃ、って思ってしまいます。ヘレスのブレリア、とくに女ぶりはそう思うのかも。重めで地面との密着度が強いと、小山のような踊り手が単に歩いているだけでいいなあ、と思うことがあるのです。この画像でも、安定感、どっしりしたかんじときたら。大地に音をはやした人間の強さみたいなものをかんじちゃいます。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。