スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローラ・フローレス  マノロ・カラコルとの共演



カラコルは生粋のジプシーで、巨匠の一人。20世紀最大の歌手、なんて書いてあるサイトもありました。実は聞いたのははじめてで、こんな声だったんだ、とおもしろがってきいた次第です。

この二人は名コンビとして数々の映画にでて、スペイン中をまわったそう。

なにせ言葉がわからないので、何の映画かよくわからないんですが、ミュージカルみたいなものなのかしら???どうも劇場の一部、というかんじです。フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースのコンビのスペイン版なんですかね。アステアのトップハットのかわりにカラコルはコルドベスをかぶっています。なんといいますか、洗練されているというより、ローカルで土着性が強いかんじ(笑)

ローラはあいかわらず派手というか、濃いですしかし、このファルダの翻るさまはどの映像でみても華やかでよいなあ、と思うのでした。サラ・バラスも蹴り幅たっぷりので踊りますが、作っているシルエットはもっとタイトです。やっぱりこのタイプのシルエットは今では少ない気がします。





スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。