スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オルガ・ペリセ ダニエル・ドーニャ、マルコ・フローレスの競演



クラシカルなはずのバタでもけっこう個性的に扱っているような印象のあるオルガ。基本的にはモデルノな踊り手なのかなあ、と思わせるのが、ダニエル・ドーニャ、マルコ・フローレスと競演したこの画像です。テクニックを駆使して踊っているかんじだ...フラメンコというよりモダンバレエといったほうがよさそうな振り付けもはいってます。

オルガ・ペリセはとりあえず今回で終了、ということで。







ベレン・マジャ、オルガ・ペリセ Alegres para personas Tristes





だいぶんあいてしまいました。4月の書き込みは今日がはじめてではありませんか。すみません。

ベレン・マジャとオリガ・ペリセが組んだ公演がヘレスのフェスティバルで好評だったということなので、このコンビの画像をさがしてみました。Alegres para personas Tristesというのがタイトルのようです。

音楽も印象的ですが、なんといっても振りがおもしろい。たいへん新鮮なバタです。二人でこのような物語性のあるバタを踊るのってめったにないんでないでしょうか。アップされたのは昨年12月ですので、ヘレスのフェスティバルでやったものとはまたちがう作品かもしれません。

衣装も微妙に色がちがうようですし、バックスタイルが変えてあります。鏡がモチーフになっているような気もするのですが、ちがうのかな。

オルガ・ペリセは初めて見るのですが、数年前にコルドバのコンクールで優勝、ヘレスのフェスティバルで新人賞を受賞した人らしいです。なかなかいい踊り手に見えます。強烈なベレンに負けていないってことだけでも偉い(笑)

いくつかオルガ・ペリセを続けてみますね。







メルセデス・ルイス  小物使い



さて、今回でいったんメルセデス・ルイスのシリーズは終了しますが、この踊り手、見れば見るほどいいなあ、と思います。抜群のテクニックの持ち主であるだけでなくて、端正というか、エレガントというか、形がきれいなんです。この映像はパリージョ,マントン、アバニコと小物を使う踊りがはいってます。特にマントンやアバニコを手に踊るバタを見るとわかりますが、きれいな形ってのをしっかりイメージして実行してるんじゃないかしら。マーメイドっぽい衣装で踊ることが多いですが、使いにくいはずのこのファルダも、いかにファルダをあげて足をみせようと、きたならしくないんです。エレガンシア、という言葉がぴったり。






メルセデス・ルイス "JUNCÁ" COMPAÑÍA  プロモーションビデオ




更新を長期間、さぼってしまいました。

昨年後半は、秋に派遣が終了して仕事が在宅になるわ、通っていたフラメンコ教室が年末でクローズになるわで激震の時が続きまして、もろにこちらの更新に影響がでてしまいました。ほっておいてからはや2ヶ月以上たってしまったんですねえ、、、

なのになぜか見てくださる人があるのはありがたいことです。もう一度、気を取り直して、まじめに更新を続けてこうと思います。

タンゴのシリーズをやりかけてたのですが、長いブランクがあいたので、それはまたにすることにして、最近、一番よく見ている踊り手のメルセデス・ルイスを特集してみます。

この人を最近、見ているのは、教則DVDを練習ネタにしているからです。

在宅だと、おそろしく運動不足になるんです。おまけにフラメンコスタジオがクローズになってしまいまして、2月に新しい教室に通いはじめるまでは、友達がさそってくれてる自主練をやってるのと家でちょろちょろ練習しているぐらいなんです。すっかり運動不足。

そこで、前々から買っていて、埃をかぶっていたメルセデス・ルイスの教則DVDをとりだしてきました。二種類ありますが、今、やっているのは「美しく踊るための身体強化」というやつ。

教え方のたいへん上手な人で、説明のポイントがたいへん的をついていてわかりやすいです。何度も繰り返しポイントをいってくれるのもよいですし、向きを変えて見せてくれるなど、とてもいいDVDじゃないでしょうか。何度も繰り返し同じ動作がでてきますから、時間がないときは一度だけにして、時間がとれるときはDVDの通りやるだけで、それなりの練習量は確保できます。

身体強化のための基礎練習がほとんどとはいえ、あなどれないDVDなんです。ほんの少しですがブレリアとタンゴが初級、中級、上級別にはいっていますし。どちらもフィンデフィエスタに使えそうです。

この画像に出てくる動きもたくさん見られます。というか、基礎がきちんとできているとこれだけよい踊りができるんですねえ。この人の踊りはなかなか好きです。芯や軸がしっかりしていて、ムダがありませんし、ファルダの使い方にしてもかなりあげてもきたならしくないんですよね。エレガントな踊り手です。東京にはよくきてますから、一度見に行きたいもの。

ここにのせたのはたいへんきれいな画像です。公演のビデオプロモーションだそうです。YouTubeもどんどんいい画像が掲載できるようになってきました。




シギリージャ



諸事情で結局、グアヒーラではなくシギリージャとロンデーニャのクラスをとることにしました。シギリージャはかっこいいけど、脚が細かくてとにかく難しいです!

すでにいくつかシギリージャはあげていますが、新たに特集を組んでみます。

まずはカルメン・アマジャの姪のエスペランサ・アマジャのバイレです。シギリージャのリズムにのって特に後半は細かい脚をけっこうやってくれます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。